ななコジ研究所のオーガニックblog

●無添加・有機・オーガニック食品などの安心・安全な身体になるべく良い飲食物を実際食べてみての感想・レビュー・おすすめ品を淡々と紹介

【おすすめ】親知らずの周りの歯茎の腫れに「コンクールF」洗口液試してみた!【効果・感想】


スポンサードリンク

f:id:nanakozi:20201221205410j:image

最近、親知らず(一番奥の歯)の周りが痛いな~と思っていたら…

なんと赤く腫れていました。

親知らずや歯茎が腫れる原因は色々あると思いますが、親知らずが半分頭を出して歯茎に埋もれている場合だと歯と歯茎の隙間に汚れや磨き残し(プラーク)が溜まっており歯茎に炎症を起こして腫れてしまう場合があります。

その他にもストレスなどで免疫力が下がっているときにも発症しやすかったりすることもあります。

私が歯科医院で歯科衛生士として勤務していたときに歯周病の方や歯肉炎のある方にコチラの【コンクールF】洗口液でブラッシング(歯磨き)をすることもありました。

実際、私もここのところストレスで免疫力低下もあることからか親知らずの周りが珍しく腫れてしまったので自分自身も効果の程を試してみようと思います。

コンクールF 薬用マウスウォッシュ(洗口液)

効能・効果

むし歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭の防止

 

本剤にはむし歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭の予防をするグリコン酸クロルヘキシジンとグリチルリチン酸アンモニウムが配合されています。さらに、矯味剤として緑茶抽出液とメントールを配合しています。

出典:コンクールFパッケージ

グルコン酸クロルヘキシジン殺菌作用が高いため、歯肉炎歯周病口臭の予防効果があるようです。

また、口腔内の粘膜や歯に殺菌成分が付着して細菌の抑制もしてくれるようです。

効果も最大12時間持続するようなので、就寝前に使用することによってもむし歯予防になったり朝の口臭予防にも効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

詳しく知りたい方は公式HPへ。

 

使用方法

水約25~50mL(コップ約1/8~1/4位)に本剤5~10滴を滴下し、よくかき混ぜて1日数回洗口(口中をすすぐ)してください。

出典:コンクールFパッケージ

 

使用について気をつけたいこと

クロルヘキシジンによるアレルギーのある方は控えてください。

商品の説明書などを良くお読みください。

また、原液を数滴歯ブラシに垂らす使用についてネットでも調べさせて貰い推奨されているドクターの方や私自身、数件の歯科医院でこのような原液での歯磨きの使用をドクターから推奨されてきましたが商品パッケージには必ず希釈してお使い下さいと記載されておりますので念の為、私のような今回する使い方は自己責任でお願いします。

お口の症状は様々な原因があるので症状のある方は先ずは歯医者さんで見て頂くようにしてください。

 

それでは、実際に親知らずの周りの腫れには効くのか使用していきたいと思います。

 

先に結論から言ってしまいますが、私は効果ありました。腫れのほうはこのブラッシング法で2日~3日で治りました。

(お見苦しい口腔内ですみません。。)

使用する前

f:id:nanakozi:20201222004955j:image

赤く腫れているのがわかる。。

使用後2~3日f:id:nanakozi:20201222005016j:image

撮影時は完全に完治ではありませんでしたがかなり腫れと赤みと痛みが引き翌日には完治しました。

 

用意する物

普通の歯ブラシ以外に用意するもの

  • コンクールF 薬用マウスウォッシュ
  • コンクール ジェルコートF(あると尚良い)
  • ワンタフトブラシ

※コンクール ジェルコートFとはジェル状のコンクールシリーズの歯磨き粉

※ワンタフトブラシとは先の細い1歯用の歯ブラシのこと↓
f:id:nanakozi:20201222003122j:image

 

先ずは歯磨きをする

先ずはお口の中を綺麗にする為に、普通にいつも通りの歯磨き粉orコンクールジェルコートFで歯磨きをします。

綺麗に磨けたらお口をすすいで下さい。

 

水に濡らしたワンタフトブラシにコンクールFの原液を2~3滴垂らす

f:id:nanakozi:20201222135953j:image

こんな感じにワンタフトブラシの毛先に2~3滴垂らします。

コンクールFを垂らすとこのように緑色の液をしています。

 

親知らずの歯と歯茎の境目を優しく磨く

こんな感じのイメージで。f:id:nanakozi:20201222150932j:imagef:id:nanakozi:20201222150941j:image

歯と歯茎の境目優しくなぞるようなイメージで磨いてみてください。

磨き終わったら1度、お水でお口をゆすぎます。

 

コップにコンクールFを5~10滴垂らし水で希釈するf:id:nanakozi:20201222140049j:image

ココからは通常のコンクールFのパッケージ通りの使い方になります。

希釈したコンクールFでお口を数回すすいで終わりになります。

 

この歯磨きの仕方を朝・昼・晩という感じで3日間くらい続けますと親知らずの周りの腫れや痛みは完治しました。

親知らずは一番奥の歯なので、普段から磨きづらく磨き残しが多い部分でもありますので腫れやすかったり、体力が落ちてるときには症状が出やすくなってしまったりすることがあるのでよくブラッシングをすることが普段から大事ですね。

 

私自身ももっと丁寧に歯磨きします。。

 

ワンタフトブラシは少し面倒かもしれませんが、磨きづらい奥やでこぼこしてる歯の隙間などにはかなり効果的なので是非、使ってみてください。

コンクールFも他の洗口液に比べ、刺激も少なく丁度いい爽快感殺菌成分が12時間持続するので、むし歯や歯周病のリスクも減らせるではないかと思います。

また、コスパが最強ですね。これ1本で約360~700回使用できるようなのでかなりお得感もあります。

効果+コスト面でもかなりこちらも良いように感じました。

実際、朝の口の中が使用中はいつもよりスッキリしてるようにも感じました。

口臭や朝の口のネバ付きが気になる方も夜、コンクールFで洗口してみるといいかもしれません。

 

まとめ

  • むし歯、歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防ができる
  • 実際に智歯周囲炎(親知らずの周りの炎症)に効果あり※先ずは歯科医院で診察を
  • 殺菌成分が12時間持続
  • 他のマウスウォッシュに比べ刺激が少ない
  • 強すぎないミント
  • 1本で約360~700回使用できコスパ最強
  • 朝の口臭、ネバ付きに効果あり
  • コンクールジェルコートFと併用すると尚良い
  • 原液を数滴歯ブラシに垂らす歯磨きは自己責任でお願いします

 

コンクールFの洗口液を親知らずの周りの炎症、腫れには実際効果あるのか試してみました。

大体、このブラッシングで3日くらいで完治しましたので歯と歯茎の隙間の菌の殺菌や抑制をしてくれたのではないかと思います。

歯医者さんによっては、歯磨き時に原液を数滴歯ブラシに垂らす方法を推奨するとことそうでないとこもあるようなので皆さんは、かかりつけの歯医者さんの指示に従ってください。

 

パッケージ通りの洗口法だけでも普段は予防にかなり効果ありなので希釈して洗口してお口の予防を是非、してみてください。

プライバシーポリシー お問い合わせ